ここから本文です

劣化したカセットボンベ ガス漏れし引火も

2019/12/26(木) 16:57配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

鍋料理を楽しむ機会が増えるこの季節、劣化したカセットボンベには注意が必要。

カセットボンベによる事故を再現した映像では、火をつけようとした瞬間、ボンベの先端から漏れ出したガスに引火したのが分かる。

カセットボンベは年末年始のこの時期、鍋料理などに使われるが、国民生活センターによると、製造されてから長期間経過したり、保存環境が悪かったりすると、内部のパッキンが劣化しガス漏れを起こして、火をつけた時に、ガスに引火する可能性があるという。

国民生活センターは「1年に1度は、備蓄しているカセットボンベを点検し、製造年月日や使用期限、サビなどがないか確認すること」や「ボンベを早めに使い切ること」などを呼びかけている。

最終更新:2019/12/26(木) 17:24
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ