ここから本文です

自民党・岸田政調会長「ポスト安倍」へ意欲

1/18(土) 19:09配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

自民党の岸田政調会長が18日、「政策の違いを示すことで次の時代を担える1人として存在感を高めたい」と述べ、ポスト安倍への意欲を改めて示した。

岸田政調会長「従来の政策のどこを是正しどこをバージョンアップするのか、この違いをしっかりと示すことによって次の時代を担える1人として力をたくわえ、存在感を高めていきたい」

岸田氏は「アベノミクスで大企業などは元気づいているが、地方や中小企業には、経済政策の成果が行き渡っていない」「今までの政策を続けて、引き続き元気でいられるほど世の中は甘くない」と指摘した。

その上で「違いを示すことで自分自身の覚悟を示す」とポスト安倍への意欲を改めて示した。

また、自民党の河井克行前法相と妻の案里参議院議員の事務所が広島地検の捜索を受けたことについて、岸田氏は「政治や自民党への信頼を損ないかねない」「当事者が説明責任を果たすべく、努力しなければならない」と述べた。

最終更新:1/18(土) 19:09
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事