ここから本文です

最後のセンター試験 2日間の日程を終える

1/19(日) 22:42配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

今年で最後となる大学入試センター試験は、2日間すべての日程を終えた。

今年のセンター試験は、55万7699人が志願した。大学入試センターによると、試験1日目の18日は、あわせて206人が遅刻や試験が行われる部屋の変更などで、開始時間が最大135分繰り下げられた。

また、「世界史B」で正解がないと解釈できる問題のミスがあったとして、受験生全員に得点を与える措置が取られることになった。

2日目の19日は、開始時間の繰り下げはなかったが、兵庫県の会場で、数学の試験時間が本来よりも25秒短かったとして、受験生47人が再試験の対象となった。

「地理歴史・公民」の試験中にスマートフォンを操作して、カンニングしようとした不正行為が埼玉県で1件あり、全科目、無効処分になったという。

センター試験は今回が最後で、来年からは新しく「大学入学共通テスト」が行われる。

最終更新:1/19(日) 22:42
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事