ここから本文です

女王の“厳しい決断”?ヘンリー王子が“王室離脱”に「悲しい」

1/20(月) 19:02配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

イギリス王室はこの週末、ヘンリー王子とメーガン妃が王室メンバーとしての称号を返上し、事実上、王室から離脱すると発表した。これに対しヘンリー王子は、この決定が「自らが望んでいた結論ではなかった」などと無念さをにじませた。

◆王子夫妻の“王室離脱”発表

18日、イギリス王室が声明を発表した。

──ヘンリー王子夫妻は、王室のメンバーとして公務を行わないため、王室の称号を使用しなくなります

春以降、「ヘンリー王子夫妻は王室メンバーとしての称号を返上し、一切の公務から退く」と発表したのだ。これは“事実上、王室から離脱”することを意味する。

──ヘンリー王子の家族にとって建設的な道を見つけられたことをうれしく思います(18日、エリザベス女王)

ことの発端は2週間ほど前。ヘンリー王子夫妻が、突如、“主要な王族”の地位から退くと表明したこと。これまでイギリス王室は対応を協議してきたが、今回、“事実上の離脱”という結論が出された。

◆女王の“厳しい決断”?ヘンリー王子「とても悲しい」

その結論が出た翌19日、ヘンリー王子は……

ヘンリー王子「このような結果になり、とても悲しい」

望んでいた結論ではなかったと無念さをにじませた。

ヘンリー王子「私たち夫婦の希望は、公金を受け取ることなく(エリザベス)女王やイギリス連邦、軍に引き続き奉仕することでした。残念ながら、それはかないませんでした。ただ、私はこの決定を受け入れます」

イギリスメディアは、女王が2人にとって厳しい決断を下したと報道。

──ヘンリー王子とメーガン妃を追放(テレグラフより)

大衆紙『サン』は、「王室の地位がなくなり、2人はただのヘンリーとメーガンになる」と報じている。

◆イギリス国民は賛否両論…土産物店は不安

王室が出した衝撃の結論。国民の意見は賛否両論に。

賛成派「若い2人だし自分の人生を歩む権利があると思う」

反対派「ひどい結果ね。メーガン妃は王子と結婚したかったんだろうけど、王室を最初から嫌がっていたのだと思う」

土産物店では不安の声が上がっていた。

土産物店の店主「もうこの商品は売れなくなってしまうので、在庫を処分するため、値段を下げることになります」

2人は今後、公金を受け取らないことにも同意したという。また、およそ3億4000万円の公金を使って改修された自宅の費用も返金するという。

最終更新:1/20(月) 19:02
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事