ここから本文です

感染拡大で…自宅勤務や手洗いのストレスも

3/25(水) 18:55配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

新型コロナウイルスの感染拡大で自宅で過ごす時間が増えた方も多いのではないだろうか。自宅で仕事をするテレワークも広がりを見せているが、そうした生活にストレスを感じる方も少なくないようだ。

    ◇

25日、都内のバッティングセンターで快音を響かせる子供たち。

「コロナとかの関係で体育館がとれなかったり。体動かして気分的にもよくなりたい」「野球チーム(の練習)も中止で全然練習できない。ストレスもたまっちゃうから」

ストレスを感じているのは子供だけではない。訪ねたのは、東京都内に住む、芹田詩織さんのお宅。芹田さんは夫と子供2人との4人暮らし。子供たちを保育園へ送った後は、普段なら仕事先へ向かうが、いまは在宅勤務だ。

芹田さん「家の家事しやすいし通勤時間がなくなるので、その時間含めて仕事ができるのはメリットかなと」

新型コロナウイルスの影響で3月から、週に3日ほど在宅勤務をしている芹田さん。時間をうまく活用できるなどのメリットがあると話す一方…

芹田さん「私は集中ができないタイプで家のことが気になったりとか、なかなか効率が上がらないというのがあります」

家だと仕事の効率がなかなか上がりづらいという。さらに、一番つらいというのが――

芹田さん「在宅(勤務)が進むと口がかたまっていくというか全然しゃべっていない。間に間に話をしたりとか緩急をつけながら仕事を進めたいタイプなので、孤独感を感じる」

上司や同僚との会話が少なくなったことがストレスになっているという。そのため、お昼休みには、ママ友たちとのテレビ電話で人との会話が減ったストレスを解消しているという。

コンピューター関連の会社が行ったアンケート調査によると、テレワークにおける心理的・身体的な課題として最も多く上がったのは「同僚とのコミュニケーションの量が減る」。孤独を感じている人も多くいるという。

※テレワーク勤務のメリットや課題に関する調査結果 同僚とのコミュニケーションの量が減る:38.4% 孤独を感じる:16.4%(出典:アドビシステムズ)

一方、街の女性からはこんな悩みの声が…

主婦(20代)「手荒れが気になる。カサカサです。アルコールを頻繁に使うので」

ネイリスト「手荒れが気になっていて、アルコール除菌とか手洗いを頻繁にするようになったので」

消毒液を頻繁に使うことや手洗いの回数が増えたことから手荒れを気にする声が多く聞かれた。

消毒液と手洗いの方法について医師に聞いてみると――

よしき皮膚科クリニック銀座・吉木伸子院長「手を洗うこととアルコール消毒は両方いっぺんにする必要なない。アルコールをつける場面は手が洗えない場面でどうしても消毒が必要な時、家などの手が洗える場面においては必ずしもアルコール消毒しなくてもいい」

両方を行う必要はなく、手が洗える場所では、石けんなどを使った手洗いだけで十分に除菌できるという。また、手洗い後は毎回ハンドクリームを使い、保湿することも大切だという。

最終更新:3/25(水) 19:24
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ