ここから本文です

米軍 国外基地の駐留隊員ら移動制限

3/26(木) 16:39配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、アメリカ国防総省は25日、国外の基地など駐留する隊員やその家族などに対し、今後60日間、移動を禁止すると発表した。

国防総省によると対象となるのはアメリカ国外の基地などに駐留している軍人や民間人、そしてその家族。

今後60日間は、他の国への渡航や駐留基地の間の移動を制限するとしていて、軍事演習や今後の世界各地への隊員の配置計画にも影響が出る可能性があるという。

ただ、先月アフガニスタンの、反政府勢力タリバンと結んだ和平合意に基づく駐留アメリカ軍の撤退には、影響しないとしている。

一方、首都ワシントンでは25日夜、食料など生活必需品を売る店以外の、すべての企業活動の停止と10人以上の集会を禁止する措置が始まった。期間は来月24日までで、アメリカの首都の経済活動はほぼ停止することになる。

最終更新:3/26(木) 17:24
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ