ここから本文です

感染拡大受け 企業の入社式も様変わり

4/1(水) 15:32配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は企業の入社式も様変わりしています。

IT企業のGMOインターネットでは新入社員165人全員と、役員らも自宅からパソコンを通じて入社式に「出席」しました。

一方、事務機メーカーのリコーは社長と新入社員およそ170人が2メートル以上の間隔をあけて1分ずつ対面する形での入社式が行われました。

リコー・山下社長「ワントゥーワンのコミュニケーションによって歓迎の気持ちとやるぞって気持ちが交錯したような感じがして今のところよかったかなと思っています」

新型コロナウイルスの感染防止のため、多くの企業が入社式を中止したりオンラインに切り替えたりしたほか、新入社員の研修も自宅でパソコンで行うなど対応に追われています。

最終更新:4/1(水) 15:32
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事