ここから本文です

宣言解除へ 東京、埼玉、千葉で目安下回る

5/23(土) 17:17配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

緊急事態宣言が継続している首都圏の1都3県と北海道について、政府は、感染者数の減少傾向などが続けば宣言を解除する方針です。

政府は、緊急事態宣言の解除を判断する際の感染状況について、「直近1週間の新たな感染者数が10万人当たり0.5人程度以下」になることを目安のひとつとしています。

22日の段階で東京、埼玉、千葉ではこの目安を下回りました。北海道と神奈川は上回っています。

23日午後4時30分時点での感染者のまとめです。

東京のほか、北海道や神奈川、愛媛で新たに感染が確認され、横浜のクルーズ船をのぞくと1万6555人にのぼりました。一方、北海道で1人、神奈川で2人の死亡が確認され、亡くなった方は横浜のクルーズ船を含め838人となりました。

最終更新:5/23(土) 17:43
日本テレビ系(NNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事